英語・英会話を学ぶならスピードラーニングで

英語とは

eigo

英語とは、英吉利語の略です。イングランドが原義とされています。

しかし、現在はイングランド以外の国でも使用されています。その国には、イングランドの連合国・アメリカ合衆国・カナダなどがあります。世界では、約3億5000万人以上が母語として使用しています。これは、北京語やヒンドゥー語に次いで多い数字です。

また、日本の教育課程でも英語を扱う場合が多いです。

歴史

現在、世界各国で使用されている英語が出来たのは、17世紀初頭とされています。現在では、世界共通語として多くの国で使用されています。しかし、500年ほど前まではイギリスやアイルランドなど一部でしか使用されていませんでした。

英語が世界で多く使われるようになったきっかけは、印刷機が導入をされてからと言われています。印刷機が導入される前まで、英語には様々な方言がありました。だから、印刷をする際にはスペルを統一する必要があったのです。そこで、ロンドンで使用されていたものが英語のスペルとして統一されました。印刷物が世界に広まることで、ロンドン英語が標準となっていったのです。

日本で英語が使用されるようになったのは、幕末に開国されてからのことです。現在では、和製英語と言って英語を元とした日本語語彙もたくさんあります。第二次世界大戦の頃には、対立するアメリカの言葉を排除する運動が起こりました。しかし、当時には既に日本でも多く英語の語彙が使用されていました。日本語に置き換えることが出来なかった為、英語が消えることはなかったのです。その当時から日本では、英語というものが身近な言葉となっていたのです。

必要性

hituyousei

国際化社会と言われる現代では、英語を話せるスキルが必要とされています。現在、日本の多くの企業はコスト削減や事業拡大の為、海外に支店や工場などを置くようになりました。その為、海外で仕事をする人々が増えてきているのです。また、インターネットの普及によって世界各国の人と気軽に連絡を取ることが出来ます。海外の人と接する機会が多くなった現代だからこそ、共通語である英語の存在が重視されているのです。

現在では、中学校・高校では英語(外国語)の授業が必須科目とされています。今後は、小学校でも必須科目になることが現在検討されているのです。英語が必要とされている現代では、英語が話せるということで進学や就職が有利になる可能性があります。

ニュース

2014/04/18
英会話スクールを更新しました
2013/10/15
英会話を更新しました
2013/10/15
スピードラーニングを更新しました
2014/02/21
オンライン英会話を更新しました